| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

驚愕?!乳首が~!!

避妊手術後、お腹の状態をデジカメで定期的に撮って記録しています
大概はジッとしてくれないのでそういう時は寝込みを襲います

↑最大のリラックスポジション『ヘソ天』です

これは数日前にアップしたきなこですが、お腹の中の糸がまだまだ確認できます。
kinako135.jpg
この縫合糸は吸収されるものなのですが、数カ月掛かるとの事です。
触るとコリコリと糸っぽいものがわかります。

kinako133.jpg kinako134.jpg
左は7月18日のもの。右は8月9日のもの。
手術をしてから全然生えてこなくてつるつるてんだったのが、最近ようやくうっすらと毛が生えてきています。
手術後シコリの様なものがあったのはもう確認できないです。
今一番気になってるのは…

チクビがズレている

写真の真ん中辺りのチクビ…左右対称じゃないのです
縫い合わせる時にズレてしまったのかな~とか思ったり…
角度かな?とか体を捻ってたから?とかも思ったんですが、いつみても同じなのでどうやら本当にズレているみたい
今のところ、本人は気にもしていなくて何がどうってわけじゃないんですが位置がズレているのはかなり気になる
避妊手術された方、わんちゃんのチクビどうなってますか~?(変な質問ですいません
ぜひ教えてください

| 避妊手術 | コメント(7) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

避妊手術・その後

抜糸から1週間経ちました。

おかげさまできなこは元気です。

ただ、ちょっと気になることが…
お腹に溜まってた水もひいて抜糸の痕もきれいなんですが、部分的にぷっくりしてるんですよ~
ではきなこさん、見せてくれますか
kinako116.jpg
抜糸痕のちょっと横にちょっとだけ盛り上がってるところが
kinako118.jpg
触っても痛がらないし、硬いと言うよりフニフニしてる。でも水が溜まってるって感じでもない
今回は糸をひとつひとつ留めてあるからその糸の結び目なのかもしれないけど…気になる~
kinako115.jpg
お腹全開で失礼しました~

「避妊・去勢手術をすると少し性格が変わる」と言われてたりしますよね。
男の子の場合は、男性的な部分が無くなりおっとりさんになって大人しくなったり。

きなこの場合、性格にはあまり変化ありません。
あいかわらず子供苦手で傍にいるだけで逃げるし(酷くなった気が
甘えてくる事も全くないし
でもそれ以外では180度変わったところがあります。
それは、すごく食欲があること。

以前はご飯を出してもすぐに食べてくれず、置きっぱなしにしようがお腹が空こうが一向に口にしない事もありました。
食に対して興味を示さないので悩んでいたんですが、手術を受けて退院してからは朝から「お腹空いた~」とご飯をせがむ様に
こんなに変わるのってビックリしてます。同じ犬には思えません

食欲、性欲、睡眠欲の内のひとつ(性欲)がなくなったからでしょうか
避妊したら太りやすいって聞くけど、ホントなんでしょうね

| 避妊手術 | コメント(6) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

コルセット犬、“今度こそ”帰宅。

きなこ、昨日無事に退院できました
これもひとえにみなさんのおかげです
退院までの経緯を書きたいと思います。
kinako110.jpg
先週の水曜日に面会に行った時のきなこ。再手術の時よりも元気そうでした。
持って行ったご飯もちゃんと食べてくれるようになったと聞き、一安心。
ただ、傷口を舐めようとするらしくカラーの淵にフェルト?を付けてくれていました。
また、糸に反応してかお腹にも水が溜まっていて注射器で抜いて排水したそうです。(約50ccほど)
それから糸に対する反応を弱めるため様子を見ながらのステロイド投薬。
きなこは元気になっていってるのに、会った後連れて帰れないので私が寂しくなってしまう…という悪循環
なのであまりちょくちょくに会いに行くのはやめる事にしました。


土曜日に面会に行った時は、“コルセット犬”になっていました
kinako112.jpg
やはり普通のカラーだと舐めようとしてどうしても端が傷口に当たってしまってたそうなので、ムーンカラーヒッポカラー)というものに変えたそうです。
結構厚みがあるので舐めようとしてもお腹にすら届きません。
中に発泡スチロールみたいなのが詰められてるんですが、意外とガッチリしてるので肩凝りそうな感じでした
これを付けてると寝にくかったのか、面会中もウトウトしていました。
心配だったお腹の水は、日に日に減少していてステロイドも中止して様子見。
ただ、体重が7キロ台まで落ちていて抜け毛も家に居た時よりスゴくて慣れない環境なのでストレスかも…なんて話をきいたら今すぐ連れて帰りたくなりました
でも今度こそ失敗のないように抜糸まで預かって貰うと決めたからガマン。
糸に対するアレルギーみたいなのが出てきたので前から心配していた事を思い切って聞きました。
子宮を結ぶ糸は、溶ける糸を使用しているので半年後には完全に吸収されるだろうとのこと。
絹糸とかだったらいつまでも体内に残って反応が終わらず、最終的には開腹して取らざるをえないと聞いていたので安心しました。

そして、今週の火曜日。
やっと退院『予定』の日です。
よくなっていなかったら退院はできません。
前の日は心配で全然寝れませんでした
はやる気持ちを抑え夕方に病院へ。
先生からは、若干まだ水があるけれど溜まり方も微々たるものだし溜まってきたら連れてきて排水させれば徐々に症状も落ち着くだろうとのことで退院許可がでました
カラーも外され早く帰りたいとウズウズしてるきなこを連れて病院を出たら、ぐいぐい引っぱって『早く!早く!』と一目散に家に帰ろうとする
(いつもの散歩コースでこの病院も通るので帰り道を覚えているみたいでした)
途中で何回も私をチラッと見ては『ホントに帰れるんだよね♪』とニコニコしていたので私も嬉しかった

そしてうちに着いたのですが、キンチョーから解き放たれたからなのか興奮が納まらないからなのかずっとハァハァいって落ち着かない様子
水もガブガブ飲んでたので心配になりましたが、自分がいつも使ってた敷物の上でゴロンとねっ転がって寝てしまいました。
kinako114.jpg
やっぱりうちが一番安心できるところって思ってくれてたんかなぁ。
kinako113.jpg
ちょっと傷口舐めちゃうんできなこが居ない間に買ったタンクトップを着せましたが、サイズがちょっとデカくてお腹ブカブカだったのでガムテープで止めてあります
お腹の水は少~しあるかな?って位で、今のところ抜くほどではありませんがまだ注意が必要です。


まだ全て終えたわけではありませんが、避妊手術について改めて『手術』なんだと感じました。
かなり一般化され日帰りできる病院もあるし(何件か問い合わせた病院でも実施していました)、10日間凌げば後は元通り元気になれるとばかり…
しかし実際、きなこは避妊手術退院まで20日間掛かってしまいました。
本当は5月に行った和歌山旅行を手術後にしようかと考えていたんです。
手術~退院2週間後くらいならもう普段通りに過ごせるときいていたので…
こんな事になるとは思いもしなかったです。何も予定を入れなくてよかった

再手術だと言われた時は、避妊手術をした事をすごく後悔しました。
そもそも手術なんてしなければ、こんな大変な思いをさせる事もなかった、と。
もう少し待ってからでもできた手術なので私の決断が間違っていたと…
もちろん、時期が早いとそれだけ乳腺腫瘍を防げる確率も上がるとききます。
でもそれが全ての犬に当てはまるとは限らないし、もしかしたらうちも手術を先延ばししてもならなかったりするかもしれません。
自分が体験した事で「病気を防げるから早いうちに避妊・去勢した方がいいよ」と簡単に勧めてはいけないなと思いました。
うちも病院で初診の頃から「いずれは避妊を」と言われてましたし、勧められたまま「先生の言う事だしした方がいいんだ」と手術をしてしまう方もいるかもしれません。
でも、全身麻酔をして開腹もして立派な『手術』なんですよね。
これを私はあまり重く受け止めなかった。
だから後悔しているかと訊かれれば、少し後悔していますと答えます。
しないに越した事はない。けれど、将来的に見て今リスクを負っておいた方がいいのかもしれない。
まだ発症していない病気を防ぐための処置だから難しいところですよね…
これから手術を受けるという方へ今回のことがちょっとでも参考になれれば幸いです。


そして心配して励まして下さったみなさん、本当にありがとうございました
ずっと周りには「大丈夫大丈夫~」という素振りをしていたんですが、メソメソ泣いたり結構しんどかったです
そんな中、みなさんからの言葉が救ってくれてなんとか持ちこたえれました(私が
しかし退院までの10日間がこれほど長いとは

これからは楽しい記事になるよう努めます

| 避妊手術 | コメント(12) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

きなこの災難2・再手術で10日間の入院

実はきなこの避妊手術、再手術になってしまいました…

本当なら土曜日に抜糸だったんですね。
「今日でこのパラボラアンテナともサヨナラだね~♪」
なんて言いながらのほほんと病院に連れていきました。

でもちょっと気になってた事があり、最初に先生に告げたんです。

それは抜糸の3日前くらいからお腹がほんのちょっと出ていたこと。
なんかちょっと太った?避妊したから?最近ちょっと食欲出てきたしなぁ。
とその時はあまり深刻には捉えませんでした。
当の本人もすごく元気だったし、ご飯もいつもより食べたがって「ちょうだい!」ってねだるほどだったから…
でもやっぱり先生に言っておこうと思って。

でも触診をしながら「うーん」と浮かない顔…
糸に反応して水が溜まったりするとは聞いた事があってもしやそれなのかな…とドキドキ。
抜糸はちょっと延長になるのかな?と思った。

でもそれよりも深刻でした。
「腹膜がくっつかずに離れてしまってる」
表面の皮膚の部分はちゃんとくっついて抜糸できる状態でした。
でも中の、お腹の中の組織がくっつかず離れたまま。
結んだ糸が解れてるか、切れている可能性があると。
でも、なんでそういう事が起こってしまったのかよくわからない…
先生が難色を示した顔つきだったので、不安が増してきました。
「このまま放っといたらどうなるんですか…?」
「恐らくくっつかないままです」
くっつかないままだと、今後腸などが出てきてヘルニアを起こしてしまうかもしれない…

「再手術しなくてはならないですね」

なんと答えたらいいかわかりませんでした。
だって今日、待ちに待った抜糸で元気になれるハズだったのに。
今日また手術なんて…

先生から説明を受け、きなこを預けてそのまま帰宅しました。
家に帰って、すごく色んな事が浮かんでは消えて行きました。

「『安静に』って言ってたのはずっとケージに閉じ込める位しなくちゃいけなかったのかな?」
「散歩もなし、部屋をうろつく程度、なのに糸が外れてしまうなんて事ってあるの?(縫合ミスじゃないの?)」
「でも家の中では自由にさせてたし、こちらの落ち度もあるにはあるような…」
「きなこ、今不安じゃないかな…」

手術は1時間ほどで終わると聞いていましたが、避妊手術の時の1時間よりも不安で不安でしょうがなかったです。
他の事をして気を紛らせるも、落ち着かず気付けば2時間になろうとしていました。
「ちょっと遅くない…?」
と夫に声を掛けてみました。
夫は心配なら病院に電話を掛けてみればと言いますが、もし今なにかトラブルが起こってて出れないなんて事になってたら余計私は不安でいっぱいになる。
「無事終わりました」と病院から掛かってくると信じ、待ちました。

そしてちょうど2時間が経った頃、携帯に着信が。
麻酔から醒めたきなこ、またちょっと鳴いたらしい。
それを聞いたら、私は本当にきなこに申し訳なくて……

こんな短い期間に2回も手術させてごめん。
2回も痛い想いをさせて本当にごめん。
すぐに病院に行ってればよかった。
管理責任を疎かにした自分が悪い。
避妊手術、させない方がよかったのかも。
ごめん、ごめん、ごめん…

すぐにでも会いに行きたかったけど、今は麻酔でぼーっとしてるから夜に面会になった。
再手術後のきなこは、前の時と違い俯き加減でしっぽすら振ってくれませんでした。
元気づけようと撫でて「頑張ったなぁ~」と明るく振る舞ったけど、本当は胸がすごく痛かった。

「糸が切れていた」と先生から状況説明を受けました。
1回目は1本の糸で腹膜をぐるぐるとらせん状に縫っていたそう(だから今回はひとつずつ結束して縫ったと)
正直、1回目そんな簡単な縫合でよかったのだろうか?という疑問。
私には動物医療のことはあまりわからない。
だから、何も言えないし言い返せない自分が悔しい。
2時間掛かったのは、脂肪と腸?が癒着していてそれを剥がすのに時間を取られたらしい。
癒着もしていたんだ…どんな手術でも高い確率で癒着が起こってしまうものらしいけど、やっぱりすぐに連れてくべきだった。
すごく後悔。

一泊してきなこを連れて帰るか、抜糸まで入院した方がいいのか。
悩んだけど、また解れたりしてしまったら再手術…
病院に預ける事にしました。


悔しいです。
自分の不甲斐なさが。
避妊手術をした人に訊いてみると、3日後には普通に散歩しても問題なかったりおうちで暴れてても全然大丈夫だったり…
どうしてうちは失敗しちゃったんだろう?
『安静』という言葉を肝に銘じて神経を使っていたつもりだけど…
マイナス面も含めて避妊手術を決めたのに、思わぬリスクを背負わせてしまった。
悔しくて悲しくてなかなか受け入れられない自分が情けなくて。

きなこは手術後ご飯を食べてくれないそうです。丸2日。
会いに行って、手からやっと大好きなチーズをイヤイヤ口にしたって感じ。
普段からあまりがっつくタイプじゃないけど、食べてくれないと回復も悪いし免疫力も落ちるし心配です。


こちらへ来てくださった方がいるなら…こんな暗い記事ですみません。
コメントも頂いてるのに返せなくて本当にごめんなさい。
きなこが元気になれたら再開します。

| 避妊手術 | コメント(12) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

きなこの受難

最近のきなこは…

『すやぴー』
寝てることが多いです
エリザベスカラーが気になって動きが制限されるからなのかな

土曜日、ある事が起こったので病院に行ってきました
前の日、洗濯を干してベランダから部屋に戻ったらきなこが何かで遊んでいました。
よ~く見ると、それはガーゼ。
「はて?足に巻いていたものが取れたのだろうか?」
そんなに気にしていませんでした。
暫くして、くつろいでいたきなこがマタを開いて傷口を舐め舐め
なんと、エリザベスカラーをしてても傷口に届いていたのです
ビックリして患部を確かめると、詰めてあるガーゼが無くなっていました。
「あ~これだったのか~
でも上から貼ってあるテープは剥がれてはいなかったので「大丈夫かな?」
その時病院から電話が
「きなこちゃん、様子どうですか~?」
「あの…暴れたりはしてないんですが詰めたガーゼを取っちゃったみたいで
「えっ…(言葉を失う)ちょっとそれは…少し待ってくださいね~」
♪~♪~♪~
(あれっそんなにオオゴトだったのだろうか
♪~♪~♪~
「あ、お待たせしました。出来たら早めに連れてきて欲しいのですが…」
そうなんですか?じゃ、明日行きます…」

そうして土曜日、久しぶりに外に出れて喜ぶきなこを抱えて病院に
「きなこちゃん、意外と体柔かいんですねぇ」と先生も苦笑い。
追加でガーゼを貼ってもらい、ひとまわり大きめのカラーになりました。
きなこにとっては有り難くない日だったことでしょう
kinako107.jpg
『外に出れたのにまた病院だった…

でももうひとつ問題を抱えていました。
うん◯を外でするクセが付き始めていたきなこ。
さっきの『ガーゼ剥がし事件』で1週間は散歩もダメと先生に釘を刺されてしまい、どうすっかなーと悩む
オチッコはすんなりしてくれたけど、うん◯はシーツの上には行くもののなかなか
そしてその柴犬は、私たちを潤んだ目(飼い主主観)で見るのである。

『わたしを散歩に連れてって』と…

今日までその突き刺さるような視線と葛藤し、ついに打ち勝った
4日ぶりのうん◯であった
(汚い話ですみません

手術が終わってこれで一安心だーと思ったのもつかの間、その後もけっこう大変ですね

前回は色々アドバイスや体験談をありがとうございました
とっても参考になりました

| 避妊手術 | コメント(2) | トラックバック(0)| | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT