2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

≫ EDIT

初ワンコイベント♪








『これから何やらやらされるみたい』
初めて犬イベントに行ってきました~
6つのゲームで愛犬の特技が分かるというもので、『オイデ』『マテ』『オヤツ早食い』などなど…

最初は早食い競争
器に入った3個のオヤツを食べる早さを競います。3組ずつ競いました。
オヤツは短く切ったジャーキー?みたいなもので、アレルギーがあるワンコに配慮して魚系だそうです。
これは1回戦から脱落
朝に少しだけ食べさせてたのでそれが敗因になったかも

次は、きなこが唯一まだ出来そうだったマテ競争
kinako35.jpg kinako36.jpg
最初は、横一列でみんなでマテをします
そしてここで脱落者を出さなかったので(みんなすごい)ロープ沿いに並んでマテ。
ここでスタッフさんから色々誘惑が入ります
手を叩いたり、声を掛けたりしてワンコの気を逸らしてきます
きなこは悲しいかな人に興味がない犬なので「ふーん」て顔していました(喜んでいいものか…
ここで何人か脱落
そして更にふるいに掛けられます…

『マテ』のコマンド禁止令

何かを口に出してはいけません。
普段無言の『マテ』はしてないからこれはキツかった
ただ、ジッときなこを見つめ「動くな~動くなヨ~~」と念を送っていました

暫くガマンしてたきなこも『飽きてきた~あっち行っていい?』と立ってしまいました

残れそうなのがこれだけだったので残念でしたが、3分位はマテできたので嬉しい
ちなみに、オヤツは使ってもOKでした(但し見せるだけだったかな?)

次はオタマに玉を乗せワンコと走る競走
コーンが3つ置いてあって、スラロームして走ります。1位でゴールしても落としたら×。

その後は犬種当てクイズ競争
お題の犬種カードを見せられ、カードが置かれている所までワンコと走って行き同じものを探します
目の前にカードがあったら有利だしこれはちょっと“運”もあるかな~
これは1回戦は勝ち抜きましたが次で負けた
kinako37.jpg



『あたいも協力してあげるワン!
撮った写真を後で確認したら、きなこもカードくわえてました

休憩を挟んで集合写真を撮りました
オスワリして待ってられるか、ここでもしつけが試される
kinako38.jpg
きなこは私の方を見てオスワリしてしまってました
そして隣のワンコにちょっかいを

その後はオイデ競争
これは早さに全く自信がなかった~
走ってというより、トコトコトコ~と来ました
それはそれで可愛かったのでヨシとしよう(親バカ)

最後は、フリスビー投げ&じゃんけん&一発ギャグ競争
これはギャグがちょっと恥ずかしかったので夫に変わって貰いました

左は負けた人全員でじゃんけんして勝ってゲットした商品で、右は参加した人全員が貰えるもの。
オヤツ2品、ウェットティッシュやウン◯袋までありました
keihin.jpg sanka.jpg

イベントを経験して感じたのは…
『とにかく楽しかった』こと
行く前は「きっとうちのコ全然できないだろうな~」と遠慮がちに思っていました。
でも、負けてしまっても全然悔しいなんて思わなかったよ
『マテ』の時も、フラフラしながらもちゃんときなこは応えてくれた。それだけで嬉しい。
みんなが見てるから緊張したけど、いくらギャラリーがいても始まったら自分たちの世界になってた。
それは参加したみんながそうだと感じました。
負けちゃっても愛犬に向けられる笑顔で素敵でした

引っ込み思案な性格から、今まで大勢の人の前で何かを披露するなんてありえないと思ったけど…今回すごく楽しかったです
またこういうイベントに参加していけたらいいな

| イベント | コメント(2) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

奉公する日々

週末はドッグランが習慣になっている我が家
日曜日、起きて着替えなどをしていると…
kinako26.jpg
ソワソワしだす柴犬が一匹
玄関に張り付き『準備できるまでここで待ってますから』と体と目で主張
それはまるでかつて平和と平等を訴え座り込みをしたガンジーの様に頑に動かず自分の意志を貫き通す様…
そして無言のプレシャーを感じながらせっせと用意する人間たち

今回は一度だけ行って好感触だったお気に入りのドッグラン
飼い主さん同士がお知り合いが多いみたいで、ワンちゃんたちも仲良しだし気さくな雰囲気がいいんです
 kinako28.jpg
今回もいろんなワンちゃんたちと遊んで貰いました
この日、暑かったので最後はみんなちょっとバテてたかも
chiwawa.jpg kinako31.jpg
のんびりひなたぼっこのチワワちゃん気持ちよさそうだね
そしてちょっかい出しに行く柴犬
kinako29.jpg kinako30.jpg
30分位は爆走してたけど、後半はもう動く余裕すらなくなったきなこ
避暑地に逃げ込んでました

kinako32.jpg
帰って来てゴハン食べてゴロリ
その後眠たくなって自分からハウスINしてました

こうして今日もまた“お犬様”のために勤しむ我が家なのでした
kinako33.jpg
『余は満足ぢゃ♪

| ドッグラン | コメント(2) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

犬の気持ち

kinako24.jpg
一昨日撮ったもの。
kinako25.jpg
こっちは今年2月頃同じアングルで撮ったもの。
ちょっとほっそりしてる?

今の方が、顔が丸くなってふっくらしてて何より目力がスゴい
これは日々行なっているアイコンタクトの成果なのだろうか
step1.jpg
少し前にしつけ教室の第一段階を合格しました
試験はしたけど、なんとかやってくれてちょっとオマケしてもらった項目も
でもまだまだ上があるみたいなんですよ

犬を飼いだしてから、『しつけ』について色々考えるようになりました。
私は、ちゃんと犬を飼った経験がなく(子供の時飼っていたが親が世話をしていた)今まで犬は厳しくしつけるものだと思っていました。
それは飼った当初からもありました。
子犬の時はとにかく甘噛みに手を焼いていたので、色々参考書や人にも相談していました。
大体は「口(マズル)を掴まえて「ダメッ!」って叱る」という考えで、私もそれを実践していました。
でも全然直る素振りなし。それどころか、逆に興奮して歯向かってくる。
どうしたらいいんだろ…と悩むみつつ暫くはこの方法で行くも、やっぱり改善しないまま。

「私のやり方が甘いんだろうか?威圧感がないから舐められてるんだろうか…?」


『人間が舐められてはいけない』
『人間が犬の上に立たなきゃいけない』
『人間がボスにならなきゃならない』

犬の祖先のオオカミの群れがヒエラルキーを作っていたから。
そう書いてある本もありました。
『引っぱり癖が直らない犬は、自分が優位にいると勘違いしている』
『ソファの上に登るのは(以下同)』
とか…
そうか?犬ってそんな風に思ってる??
読んでて何故だか腑に落ちなかったり疑問に思う事ばかり。

確かに、うちも引っぱり癖が酷かったです。
でも舐められてるとか上に立ってるとか感じなかった。
「あ~早く行きたいんだな単純に」としか…
そして引っぱり癖をどうやって正すかというと、チョーク(引っぱると首が絞まる道具)や進行方法と逆方向に引っぱり返す。と書いてある。
チョークは可哀想と感じたので、逆方向に引っぱり返してみた。
子犬の時は力も無いので簡単に引き戻せた。
でも、段々犬が成長していきこっちが引きずられるようになった。
「もっと強く、引っぱらないと…」
そんな思いで散歩していた。だから全然楽しくなかったです。
きなこもこっちが引っぱると、踏ん張って余計に引っぱり返すので首が絞まって「ゼーゼー」言っていました。
なんだか善かれとやってる事が、逆にきなこを痛めつけてる気がして可哀想になってきてリーダーウォークをやめて自由に行きたい所へ行かせてやる散歩に切り替えました。
リードも110cmのから180cmのに替えて。

「もういいや、苦しそうにしてるのにそこまでする必要ない。横に付けて歩かなくてもいいやん。」
諦めるというか、私も対応に疲れていたのでどうにでもなれといった感じでした;
行きたい所にどんどん引っぱって行く自由な散歩は、きなこはとても楽しそうにしてました。
そして、時々こちらを振り返るようになったんです。引っぱり返してた時は全然見なかったのに。
リードを長めにしたので「後ろ、ちゃんと来てる?」と確認してる感じで。
見てくれた時はアイコンタクトして「来てるよ~」と言ってあげたり。
それからです。
散歩が楽しく感じたのは。
今も引っぱり癖ありますが、そういう時はピタッと立ち止まります。
立ち止まったままだと、きなこも止まってくれる事も多くなりました。
引っぱると、犬の習性で無意識に反対方向へ引っぱり返すらしい事も知りました。
だから逆に引っぱり返すことなんてしなくていい。
ただグッと立ち止まればいい。

噛み癖…昔ほどあまりないです。遊んで!という構って噛みは時々ありますが;
先生に教えて貰った『無視』方法に変えてから、少しずつ改善していったのかも。
マズルを掴んで叱る方法を続けていたら、どうなってただろう…?
『また掴まれる!』と手を恐がる犬になってしまってたかも。うちの場合。
恐怖から、反撃してしまう犬になってしまう事もあるかもしれない。

未だに、噛まれたらマズル掴みしてる人も多い。
叩いたりして厳しくしつけてる人も多い。
でもこれは『間違ってる』と今は自信を持って言えます。
自分が体験した事だから。全く直らなかったから。
直ったよという人もたくさんいるだろうと思う。
でもそれは、犬の気持ちを無視してる。
自分と犬の関係を自分が壊してる。
主人が怖くて言う事をきいて大人しくしてるだけかも。
本にあった通り、主従関係が生まれたかもしれない。
でもそれは間違ってるよね?

人と犬って、上下関係とかじゃなく信頼関係で結ばれなくちゃいけないと思う。
日頃たくさん目を合わせて、たくさん話しかけて、たくさん誉めてあげる。
犬は言葉が理解できないとよく言われるけど、ちゃんとわかってると思う。
一度覚えたコマンド(オスワリ、フセ等)の言葉は、イントネーションや声質が違う人が言ってもできるし、
きなこにとって魔のセリフ「散歩行く?」(散歩は好きだけどハーネスがキライ;)は、「散歩いこっか?」と言葉を変えたり「さ・ん・ぽ・は?」と抑揚を変えて言っても素早くテーブルの下に逃げるから

| しつけ | コメント(4) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

大人の階段“少し”のぼる?

kinako22.jpg kinako23.jpg
先日の公園に行ってみたら、のじゅうたんが出来ていましたよ
もうの木の花はほぼ落ちていて、緑色の新しい葉が付いていました

kinako20.jpg
週末はまたドッグラン
今回は初めての場所でした。
見慣れない場所でもいつも通りに爆走する柴犬
ここは小型犬エリアと区切られていたので安心です
いつも通り、活発そうな大型犬に目星をつけて誘って(というか煽って)追いかけっこしてました
こんなオラオラな態度がよく男の子に間違われる所以です

前は『呼び戻し』を掛けまくってたけど、最近は暫く放牧しています
何故なら、勝手に戻ってくるから
kinako21jpg.jpg
水を要求したり走るのに疲れたら帰って来て、こんな風に付かず離れずの距離で私たちの傍に居ます
「おいで~」と言うと、タッタッタ~と来る事も多くなりました
いつまでも走り回ってたパピーの頃からしたらちょっと成長したかな
でもヒマそうにしてる時限定です。走り回ってる時は全くききません
先生にも言われたんですが「絶対来ると感じた時にだけ呼ぶ」のがコツだそうです。

kubiwa01.jpg kubiwa02.jpg
最近新しい首輪を買いました
和風シリーズ(緋扇)Mサイズ 中~大型犬用:首輪処
のモチーフがとても綺麗な首輪でしょ?
和犬にピッタリなデザインで気に入っています

| ドッグラン | コメント(2) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

そんなにイヤですか?

kinako17.jpg




これ、なんだと思いますか

もっと光度を上げてみましょうか。。。

ナゾの影の正体は…







 『闇に紛れる野犬』
 

 ((((;゚Д゚)))


ではなく、ソファと壁の間に挟まるただの柴犬でした
kinako16.jpg




そしてコチラは逆方向から撮ったもの
なんとも恨めしそうな顔をしておりますね~


これは、我が家で月イチで繰り広げられる攻防戦…


そう、シャンプーDAYであります


うちに来る以前から水&シャワーを敵視しているきなこ。
シャンプーしてる時は、ギャオギャオ~クォ~ンと泣き叫び、私にしがみついてビショビショになるので裸でシャンプーしてます(何かいい方法ありませんか…)
そしてシャンプーの日はお知らせも予告もしていないのにこうして察知し、人の入れないソファと壁の間に入り込みます
きっと下着とかの用意をし始めるから(その後で私もお風呂に入るので)気付かれるんだと、「ふふふ~ん♪」と何くわぬ素振りをして近づいてもササ~~ッと逃げられます
あとで気付いたんだけど、私だけお風呂でその時に替えの下着の用意をしてても全然で「あ、これから風呂っすか?」と寝ながらチラリとこっちを見るだけ…
一体いつもと何が違うの?
私、飼い犬に行動を見透かされております

そしてまた休日にドッグランに行ってきました
kinako18.jpg




『楽すぃ~~

シャンプーの時とはエラい違いでいい笑顔ですね
また動画撮ってみました

(モバイル用)
初めトンネルが怖くてできなかったんですがオヤツで釣りながらやったらできました

kinako19.jpg
『わたくしの辞書には不可能という文字はないのよフフフ

得意げですが逆にドッグウォーク(橋)ができなくなっていましたよきなこさん

| ドッグラン | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

春。桜が舞い、毛も舞う。

sakura2010.jpg
ぽかぽか気候の休日、近所のお散歩コースに出掛けました
ソメイヨシノが満開で綺麗でした
kinako02.jpg
夏生まれのきなこにとって初めての
どう?綺麗だねぇ
kinako03.jpg kinako04.jpg
『くんくんこれは食べもの
近づけるとに食らいつく柴犬ソッコーで引き離しました
kinako05.jpg kinako06.jpg
kinako07.jpg kinako08.jpg
kinako09.jpg kinako10.jpg
『ばんざ~い』は外でもできるよ
kinako11.jpg kinako12.jpg
『誰か来ないかな…』
逆光を背に浴びて、まだ生後10ヶ月なのにいぶし銀の風格?を醸し出す柴犬
なんとなく『HACHI~!!』って感じ

ワンコからみて満開の、どうだったかな?

kinako13.jpg





『夏になる頃…』

kinako14.jpg




『これがさくらんぼになるんだよね


ああ、やっぱり飼い主に似て花より団子みたいです

kanmou.jpg
そしての季節とともに、換毛の季節もやってきました

| 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

Shi-Ba (シーバ) 2010年5月号

Shi-Ba ( シーバ ) 2010年 05月号 [雑誌]Shi-Ba ( シーバ ) 2010年 05月号 [雑誌]

こりずに 柴犬さんのツボ (タツミムック) うちのコ柴犬―柴犬2匹のいる暮らし愛すべき生態が丸わかり! 三たび 柴犬さんのツボ (タツミムック) 犬川柳 真・日本犬論 (タツミムック) 2010子柴[卓上](Yama-Kei Calendar)

こないだ日テレの「DON!」でShi-Baが紹介されていました!
録画してたのを観ましたが…よりによってうん○特集を取りあげられていました
これじゃShi-Ba読んでる人の品格を疑問視されてしまうじゃないか
といってもShi-Ba愛読者に品格を重視している人なんていないかも

shi-ba01.jpg shi-ba04.jpg
気に入った特集はこちら

柴犬の笑顔』
柴犬の限らず、犬は楽しい時に笑顔になる
そんなの飼い主の思い込みだろ~と思っていた。実際に飼うまでは。
きなこは犬と遊ぶのがなにより大好きで、ドッグランに行った時はすごくいい笑顔になって目もキラキラしてる
でも、どんなに長く散歩や運動してても犬と一切絡まなければ帰ってからも全然疲れてくれない
逆に数十分の散歩で出会ったワンちゃんと、挨拶やちょっと遊んで貰っただけで帰宅後はゴロリと横になって満足そうに寝てしまう
kinako01.jpg
こんな風にね
そして嬉しい時、耳がペタンってなるのが好き
でもあんまり私たちにはしてくれないんだよね~
次はそんな人たちの嘆きの特集

『ワタシにも振って欲しいなそのシッポ』
周りの人には振っても飼い主には振ることがないそのシッポ…
普段一緒にいると、存在に慣れて感動も薄まりそうなってしまうみたい
私んとこも類に漏れず、散歩中に出会ったおばちゃんとかに耳ペタ&シッポふりふりで挨拶して「愛想いいね~」とか言われては「なぜに私にはしないのに」と最初は凹んでおりました
でも、たまに会う人の方が感動はあるのは当たり前。
自分だって普段一緒に住んでる夫に「おかえり~」なんていつもハイテンションで言わないし
人間と一緒なんやなぁと最近は感じるようになりました(あえてポジティブに捉えた 笑)
でもこの現象は洋犬にはあまりみられないと思う。
和犬は媚びない性格が多いし日本犬専門雑誌らしい特集だと感じました。

shi-ba02.jpg shi-ba03.jpg
お次はShi-Baお得意?のおバカ特集
親バカならぬ犬バカな飼い主たちをクローズアップ!
スキンシップを拒むタイプである和犬にムリヤリ頬を寄せスキスキ攻撃する飼い主
愛犬のために作った歌を聴かせては迷惑がられる?飼い主
もう、こういうの大好きです

で右の画像。はい、これですよ。取りあげられてたのは
ウン○ハンターによる正しい?ウン○取り講座
恥ずかしくもワタクシ…『ファーブル取り』を慣行しておりました
だってだって!犬の健康をウンチョスの状態で確かめるのは飼い主の努め
あ、『雲隠れ取り』もしたことあるかな…だって犬もじ~っと見られてたらしにくいと思うし…(?)
ていうか、Shi-Ba結構ウン○特集が多いのは気のせい?

そんなこんなで、マジメな記事が全然なさそうと勘違いされそうなのでもうひとつ。
shi-ba06.jpg shi-ba05.jpg
ペットロス』特集です。
愛犬を失った時、訪れる哀しみの時間…
ペットロスという言葉は期間が長引いた時に使われるんではなく、ペットを失った誰もが経験する正常な感情のこと。
そういう哀しみから抜け出すには、時間だけでなく周りの理解が必要なんですよね。
ペットが亡くなったからといって、理解を示して休みを取らせてくれる企業もなかなかないですよね。
「たかがペットが死んだくらいで…」と思われるかもしれません。
でも、その人にとっては『ペット』を超えてもう『家族』なんですよね。
そう思うのは変?
経験がない人には理解されないことが多いです。

何年も、ずっと自分の傍にいてくれた存在。
時に笑える行動で和ませてくれたり、落込んでる時はただ寄り添って励ましてくれる。
言葉では会話できないけれど、ちゃんと心では伝わってる。
そしてなにより、いつでもどんな時にも私たちに愛情を注いでくれる。

私たち人間は、命に限りがありいつかはお別れがくるのを知っています。
だからこそ、悔いのないよう精一杯愛してあげたいと思います。

| 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

ドッグランとおともだち♪

先週ドッグランに行きました
そしたらしつけ教室で仲良くしてもらってるメイちゃん家族がいました
 mei02.jpg
挨拶してくれるフレンドリーで笑顔がかわいいジャックラッセルのメイちゃん

kinako_mei02.jpg kinako_mei01.jpg
一緒にオヤツを貰って…
kinako_mei03.jpg kinako_mei04.jpg
『うがーー!!』
いつものガウガウごっこが始まりました (※めっちゃ歯剥き出してるけど遊びです)
そしてジャックラッセルに転がされる柴犬
いつもふたりの遊びはかなりハイパーです

kinako_mei05.jpg kinako_mei06.jpg
オヤツをオスワリして待つ
メイちゃんお耳が面白いことになってるよ~

kinako_mei07.jpg
メイちゃんはうちのきなこをすごく気に入ってくれてるみたいなんです
それなのにきなこがそっけなくてごめんね
mei03.jpg kinako_prof02.jpg
ふたりともいい笑顔
メイちゃんいつもきなこと遊んでくれてありがとうね

おまけ

(モバイル用)
ランにあった歩く橋みたいなのをやってみました。
最初は怖くて歩けなかったんだけど、オヤツを置きながら歩かせたらできました

| ドッグラン | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

≫ EDIT

ある昼下がりのひととき

テレビを観ていると、テーブルの下から熱視線を送る柴犬が一匹…
 kinako49.jpg
あげる素振りなんかしてないのに勝手におすわりしてます
どんどん寄ってみましょう↓↓
kinako50.jpg kinako51.jpg
全く表情が変わってません
kinako46.jpg kinako47.jpg
そしてこちらが散歩前
なんともふてぶてしい顔してますね~
首輪やハーネスを付けるとテンションが下がります
付けたら付けたで私が来るまで玄関で静かに『行こうよ…』とじぃぃ~っと見つめて待ってます
吠えて催促するでもなく、テンション低いままただひたすら玄関で動かず
柴犬は目で訴える犬種みたいです

(モバイル用)
おやつで釣ってボール遊びを動画で録ってみました。
この、『てけてけてけ♪』って感じの走り方がかわいくて好きなんです

| 日常 | コメント(0) | トラックバック(0)| | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月