PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日は悲しい日だったんだよ。きみがやってくるまでは。

6月7日はプーの命日。
歳を重ねる度、この日がくるとあの時が蘇って物思いに耽る。

そして去年、きみがやってきた。

きみの誕生日を血統書で見た時、すごくびっくりしたんだよ。

6月7日。

命を失った日に、命が生まれた日。
両極端なこの日を私はどう捉えていいか迷ったんだ。


今は素直に思えるよ。

ohana.jpg

この日はうれしい日だって。




まるの大好きだったカーテン越しの指定席。
2本足で背伸びして、いつまでも外の景色をみていたよ。


kinako89.jpg
同じ場所で、きみも同じように外をみているよね。


kinako90.jpg
そこからは何がみえるの?


kinako91.jpg
いつか、そっと教えてね。



今だから言わせてね。
本当は、パグちゃんを探していたんだよ。でもその時はチャンスに恵まれなかった。
暫くしてからまた探そうと思ってたら、元気に動き回る柴犬の動画を見つけてしまった。

それがきみだよ。

喘息持ちの私は抜け毛の多いきみを迎えるの、初め乗り気じゃなかったんだ。
ごめんね。
でも、正直な気持ちだったよ。

初めて抱っこしたきみはちょっと重くて、これからの責任を感じた。


今は、あの時心配したことがすごくちっぽけだったなって思うよ。
どれだけ毛がすごくても全然へっちゃら!


あの時、きみに出会えてよかった。
運命?って言っちゃうと大袈裟かもしれないけれど、
今はあの出会いは必然だったって思えるよ。


maru_pic.jpg
バラバラに散らばっていたちいさなピースひとつひとつが


kinako92.jpg
ゆっくりと時間を掛けて組み合わさって、おおきなひとつになった。
そんな気がしたんだよ。


うちにきてくれてありがとう、きなこ。
関連記事

| 日常 | comments(-) | trackbacks(-)| | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT