PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

千葉県千葉市花見川区・パピヨン(♂)保護してます。

千葉県千葉市花見川区にて、迷子状態のオスのパピヨンくんを保護しています。

papi5.jpg

発見した方によると、
11月18日(金)午後3時15分頃、花見川沿いにある「しらさぎ公園」の野球場の周辺を1匹で歩いていたそうです。
(1匹で軽快に歩いていました)
周りに飼い主さんがいないか探したそうですが見つかりませんでした。

papi1.jpg
papi2.jpg

パピヨン
・オス(未去勢)
・推定13〜15歳
・発見時2.56㎏(ガリガリでした)
・首輪無し
・マイクロチップ無し
・左右の睾丸の大きさが非対称
・両眼白内障
・僧房弁閉鎖不全症による心雑音あり
・歯が何本か抜け落ちている


papi3.jpg
papi4.jpg

性格は、
人懐っこい
寂しがり屋(1人で留守番してると吠える)
よく食べる
よく歩く



飼い主の方、お心当たりのある方がいましたらこちらにご連絡下さい。
千葉県動物愛護センター(本所)
【管理番号】保護256
TEL:0476-93-5711(千葉県動物愛護センター)


kiritori.png

このブログのコメント欄(非公開にできます)、サイドバーにあるメールフォームでも受け付けます。
千葉市にお住まいの方いらっしゃいましたら転載ご協力よろしくお願いいたします
関連記事

| 日常 | コメント(10) | トラックバック(0)| | TOP↑

COMMENT

飼主さん早く見つけてあげて、、、

それしか言えないです

| とろまま | 2016/12/06 05:48 | URL | ≫ EDIT

この子は、見たことがありません。
飼い主さんが見つかることを祈ってます。

| アトムパパ | 2016/12/06 07:35 | URL | ≫ EDIT

1日でも早く飼い主さんの元に帰れますように。

| 春太朗パパ | 2016/12/06 21:47 | URL | ≫ EDIT

保護された方がダッコして聴き込みしているのに会いました。
保護場所付近を14年半 散歩していますが見たことない子です。
遠方の方でも最近ご近所で見かけないな?なんて子がいましたら、ご一報を。

| ちょこまま | 2016/12/07 07:32 | URL | ≫ EDIT

とろままへ

ほんとに飼い主さんどこにいるの〜??
高齢わんこなのでもしかして…と思っちゃいますe-351

| きなこ母 | 2016/12/07 17:48 | URL | ≫ EDIT

アトムパパさんへ

同じパピヨン飼いのパパさんですら見た事がないのは、ここらへんの子じゃないんでしょうか。。
どこから来たんでしょうね?
本当の飼い主さん、早く見つけて欲しいです。

| きなこ母 | 2016/12/07 17:51 | URL | ≫ EDIT

春太朗パパさんへ

パピヨンくんも本当のおうちに帰れたらいいんですけどね。
飼い主さん探してくれてるのかな〜って思っちゃいます(>_<)

| きなこ母 | 2016/12/07 17:52 | URL | ≫ EDIT

ちょこままさんへ

発見してから2週間、もうすぐ3週間目になろうとしています。
ちょこままさんも見た事がない子なんですね〜e-351
やっぱり遠くから来たのかな?ひとりで?ここまで歩きで?
割と足取りはしっかりしてる子みたいですがどうやって…
謎が深まるばかりです。

| きなこ母 | 2016/12/07 17:58 | URL | ≫ EDIT

心配ですね。飼い主さんが見つかればよいのですが。

我が家はパピヨンを飼ってるので、フェイスブックで拡散記事をみて、その後どうなったのかと検索して、こちらのブログにたどり着きました。
私は五年前に迷子の犬を保護して、純血種の子だったので、飼い主さんが探してると警察に届けたら、その後、保健所送りになって、ものすごいショックを受けました。それがきっかけになり、現在はボランティア団体に所属して、シェルターで犬の散歩や掃除などをしてています。(警察に届けたウエストハイランドホワイトテリアは、一般譲渡になり命は繋がりました)
このパピヨンちゃんは、個人のお家で保護して頂けてるようなので有難いです。
心臓病があるようなので、治療費がかかると遺棄された可能性もあるかもしれないです。
動物愛護法が改正されて、引き取りを拒否できるようになったので、遺棄が増えています。

| さくらママ | 2016/12/18 07:31 | URL | ≫ EDIT

さくらママさんへ

パピヨンくんの事を気にかけて下さりありがとうございます。

一般的に、迷い犬はとりあえず保健所へ連れてくという認識があると思います。
ただ、ずっとそこに居れるとは限らず期限があるのを知らない方も多いですよね。
私も子供の頃は保健所で殺処分が行なわれているなんて知らず、事実を知った時すごくショックを受けました。

今回見つけてくれた方は、高齢犬である事などから保健所へ連れて行くと数日で処分対象になってしまうのではと保健所へ引き渡さずに保護してくれました。
自分のもとで保護するのは勇気がいる決断だったはずです。
パピヨンくんの命が繋がって本当によかったです。
心臓はちょっと悪いですが食欲もあり元気ですよ^^
さくらママさんも、わんこのためにボランティアに尽力されてるんですね頭が下がる思いです。

安易な引き受けは拒否できる様になってから、こっそり棄てる人が増えたのは悲しいですね。
どっちみち棄てるんだと…
手放す理由は様々あるかとは思いますが、迎えた命に対して責任を持って欲しいですね。

| きなこ母 | 2016/12/19 18:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kinakoshibaken.blog.fc2.com/tb.php/523-23d293f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT